吐き出しメモ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS DSS 2周目 クエスト【嫉妬】

<<   作成日時 : 2007/02/12 02:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2周目始めました!ボーナスユニットって、ただキャラが使用できるようになるだけなんだぁ…。正式に参戦するわけじゃないんですね。かなり残念です。

 タツキ参戦でかなり混迷度がましたクエスト【嫉妬】の暴露合戦。ボーナスユニットはペインキラーとタツキ以外絡みがないのでつまんないですが。タツキが絡みまくってるから。いいか(笑)でもカイト→ジークとかタツキ→ジークとかペインキラー→ジークとかユーグ→ジークとの絡みはみたかったのになぁ…。(全部ジークか!!)
 っていうか、何回も言うけど。みんな。落ち着け(笑)

以下面白いもの抜粋(笑)前のに書いたのは省略。

タ「あらあら、こんな小さなヴァリアントさんも一緒に戦うのね」
サ「むっ…子ども扱いしないでよ!『小さい』じゃなくて『若い』の間違いよ!オバサン!
ヒィ。

タ「ライカ…貴方ならカイトを任せても安心だわ」
ラ「?」
タ「だって、貴方はカイトに嫌われているもの!余計な心配はいらないわね!」
ラ「じゃぁ、惚れさせてみるか
 「…冗談だ」

 その間はなんですかライカさん!?

タ「そこの酒臭そうな人!!私の可愛いカイトをたぶらかさないで!」
 「知っているのよ、この誘拐犯!私のカイトが可愛いからって何をしようとしたのよ!」

ア「俺は何も…」
タ「素直に白状しないと秘蔵のボトル、全部ぶっこわすわよっ!!」
ア「この様子じゃ、この間のカイトと俺のアノ事なんてとても話せそうにないな」
 「ん?カラオケのことだが…」


タ「この気配…貴方も復讐日記の所持者ね!」
テ「えっ…」
タ「でも貴方と私とでは復讐日記の使い方が違うみたいね」
 「私の復讐日記って報復済みの復讐を記録するためのものだもの♪」

テ「お年をめした方の日記は私のような若輩者とはわび加減が違いますわね」or
テ「すごい…やはり私は、まだまだ未熟者のようです…」
 テ、テレーゼ〜〜〜〜!?っていうか。復讐日記って何。

タ「ふっふっふっふ…幼き日の恨み、忘れたとは言わせないわよ
ペ「・・・・・・・・」
タ「貴方が来るまでは、私が小さなカイトの一番の遊び相手だったのよっ!」
 「なのに…なのに…」
 「画びょうにも、接着剤にもめげずに何度も遊びに来るなんて、計算外もいいとこよ!

ペ「あの陰湿な嫌がらせの数々は…やはり、お前かタツキっ!」
タ「そもそも、今さらどのツラ下げて現れたのよ!この保護者失格仮面男!
ペ「つーかタツキ、お前が1章で私に気づいていたらそこで話は片付いていたよな?
ヘ「そ、それは禁忌の言葉よ!!
 間違いない

タ「そこのムキムキ男!私の可愛いカイトをいやらしい目でみないで!」
ガ「ちょっと待って…」
タ「いいわけ無用よ!貴方も保護者ならこの気持ちがわかるでしょ!」

ガ「ううっ…周囲から見た私の過保護はこんな感じなのですね…」or
ガ「たしかにサラに頬ずりしそうになる衝動にかられますが…」
 「サラが赤ちゃんの時ですよ?」


タ「言っておくけどカイトは私のものですからねっ!」
ビ「は〜い、わかってますよ!カイトくんは、弟以外の何者でもありませーん♪」
タ「そうよっ!わかっているわ!いくら可愛くてもいつかお婿に行ってしまうのよ!」
 「うう、私の可愛いカイト…お姉さんを置いてどこかに行かないで…」


タ「カイト!貴方には私がいるから大丈夫よっ!」
カ「姉さん…俺、本当は…お兄ちゃんが欲しかった…」
タ「そんなぁぁぁっ!!!」

ラ「飲み過ぎは肝臓に悪いぞ?」
ア「フッ…お前を酔わせてみようか?
 「お前ら…何かヘンな想像をしてないか?」


ラ「暑苦しい」
ガ「二人のあの暑い日のことを言っているんですか?」
 「ビーチバレーのことですが…?」


ア「これが若さか…フッ」
 「まぁ、しかしただ若いだけ、って奴も居るみたいだな」

 最初の一言にたまに自分でダメージをうけるアーサーさんがわかりません。

テ「サラさん、偏食を直せばメロンちゃんになれますわ」
サ「大きい果物って大味な時があるわよね」

サ「男がみんなメロン好きだとは限らないんだからっ!」
ビ「ええ、大丈夫ですよ!まな板が好きという男性もいらっしゃいますから♪
サ「大きい果物ってたれるのが早いわよ?男の人はどうなのかしら?」
 ビスタ…天然って恐ろしい…。

ビ「サラさんってファザコンなんですか?」
サ「か、家族想いなだけよ!」or
サ「ビスタなんてラーのハーレムを構成するただの一員じゃない」

 姫ーーーーーー!?

ジェ「過保護は嫌われるよ?」
ガ「私は少しジェフティに愛情をかけ過ぎたかもしれませんね…」
 「サラの次に…ですが」


ガ「ジェフティ、もう少しくらい子供らしいところがあっても良いんじゃありませんか?」
ジェ「やれやれ、子供離れできない父親気取りに言われるとは…」
ガ「たしかに今でも、サラにランドセルを背負わせたいと思うときがあります…」

 それはまずいです犯罪です。病院いこうか。ガウェインさん(笑)

ジェ「言いたいことがあるならハッキリ言ったら?だからキミは友達が少ないんだよ」
ラ「実は前からお前のことが好きだった…とか?」
 「冗談だ。それならとっくに行動にうつしている

 それもそれでどうなのライカーーーーー!!!?

カ「ラー、俺はドラゴンよりも、姉さんが好きなんだ!

ラー「フハハハ!!!俺様に裏表はない!!!」
  「男も女もまとめて俺のハーレムにいれてやる!これが俺の本音だーっ!!」



 うん。女ってコワイネ。そしてヤローどもはフォモいね!!(大笑)ビスタの天然が最凶だと思う…。
 タツキとガウェインは落ち着いて。特にガウェインさんの発言は相当アブナイです。見る目変わるYO!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DSS 2周目 クエスト【嫉妬】 吐き出しメモ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる